キャリアコンサルタント試験の実技試験に落ちる人はどこがまずいのか?

この記事はキャリアコンサルタント試験の実技試験、特にロールプレイの面接試験を不合格になり、再チャレンジを行う方向けに参考になる記事となっています。ここでは日本キャリア開発協会(JCDA)とキャリアコンサルティング協議会(キャリ協)の2団体で行っている国家資格の試験について解説します。

いろいろな方の話を聞くとあっさりと合格という人もいれば、何度も実技試験に落ちてからやっと合格した、という方が結構います。そのような方に話を聴くと、ロープレの練習を試験の方向性と違った方向で取り組んでいた、という感想が多いです。これもキャリコン試験のロープレ試験の特徴かもしれません。

キャリアコンサルタントの上級資格であるキャリアコンサルティング技能士1級及び2級はキャリ協だけで行うため傾向も異なりますので、あくまでも国家資格キャリアコンサルタント試験に絞った分析とご理解ください。

落ちる人(1)
試験でキャリコンスキルを見せることを意識していない人

さて、なぜ面接試験に落ちるかについて考えてみましょう。

受験者の話を聞くと「ロープレはスムーズにいったのに不合格になった」とか「ロープレがぐちゃぐちゃで全然ダメと思ったけどなぜか合格した」ということが良く有ります。どちらも受験した自分の感触と実際の試験内容が違っていたものです。

どちらの感想のケースも受験者は試験中に「ロープレを上手くやろう」と考えて頑張っていたものと想像します。その為、感想の中心がロープレになってしまっています。ところが試験の評価基準にロープレを上手くやること、というものはありません。キャリコンの面接を行うためにはロープレを上手くやるスキルが必要なわけでなく、キャリアコンサルティングのスキルが必要なので当然と言えば当然です。

おそらく前者は試験中に相談者役と一生懸命会話をしていて、自身のキャリコンスキルを使う場を作れなかったのでしょう。後者は上手くかみ合わない相談者役との関係を何とかしようとキャリコンスキルを活用し、口頭試問でその状況をしっかり説明したのでスキル有りと判断されたのでしょう。

ちゃんとキャリコンスキルの見せ方を意識して練習していたか?

「いや、キャリコンスキルを見せなければいけないのくらい知っている!」

皆さんもそう思われていると思います。では、「ロープレの際に自分のキャリコンスキルの見せ方を意識して練習していましたか?」と質問されたらどうでしょうか?

おそらくスキルの見せ方を意識しての部分はやってなかった方が多いと思います。というより、教えてもらわなければスキルの見せ方を意識した練習は行わないでしょう。試験官にスキルを見せる、そこには客観的に自分のロープレを見ている自分がいる必要があります。これは練習しないとなかなかできません。

もっとも、仕事でお客さんと打合せをする機会が多い営業の方とか、日々相談・カウンセリングをやっている方等だったら、自分が話をしながら自分を客観視するスキルができているかもしれませんが、普通の方にはなかなか難しいと思います。

私はロープレの様子を録画して、後から見直すことをやっていけば、この部分は克服できると思います。つまり、自分のロープレを客観的に試験官になったつもりで見るのです。そして、自分がキャリコンスキルを示しているか?という目で確認すると、意外に自分はキャリコンスキルを見せてないことに気付くと思います。

ロールプレイは試験のプラットフォームにすぎない

このことからどのようなことが言えるでしょうか?

面接試験を行うためにロールプレイの形式をとるのは、受験者のスキル有無を確認するのに適した形式だからです。つまり、面接試験は受験者にキャリコン資格者として相応しいスキルが有るかどうかを見定めるために、左図のようにロープレというプラットフォームを準備し、その上に相談ケース設定および相談者役という設定を準備しているのです。

それに対し、ロープレで話をつなぐことを重視しているとスキルの表現が甘くなります。本来は「今、このスキルをしていますよ」というアピールを2人の試験官にしなくてはならないのに、目の前の相談者役とのやり取りで精一杯になってしまったのが裏目に出たのでしょう。

落ちる人(2)
質疑応答で実際のロープレと乖離した説明をする人

次に考えられるのは質疑応答で自己理解ができていないと判断された、ということです。これはキャリ協で良く聞く話です。質疑応答の場はロープレの内容を試験官と受験者が共有する場と言えます。

試験官はロープレの様子をしっかり観察しているのですから、当然どのようなものであったかの自分なりの評価をしています。そして受験者が自身が行ったロープレの内容を試験官にアピールする場が質疑応答になります。言い方を変えると、試験官が自分の評価を確認し補正をかける場と言えます。

例えばロープレの出来が良くなかったケースで、受験者が自分のロープレは上手くいったというように説明した場合どうでしょう?試験官の評価が余り良くないものだった場合齟齬が発生します。試験官の立場に立ってみましょう。質疑応答でその齟齬の中身について確認しようとするでしょう。ところが、受験生の説明にロープレに対する自分の評価が妥当であると納得させるものが無かったとしたらどうでしょう?試験官はこの受験者自己理解が足りないと評価します。これでは受かりません。

落ちる人(3)
自分の型にこだわる人

3つめのタイプは、自分のコンサルティングの型にこだわる人です。

どんな人にも同じ型の受け答えでしっかりとコンサルティングを進めることができたら、安心してロープレ試験に臨むことができます。その為に自分の型を探す受験生が多くいます。これがまずいのです。キャリコンのコンサルティングの基本はロジャーズの来談者中心カウンセリングです。自分の型でロープレを行うということはこの点に引っ掛かるのです。

自分の型にこだわると、どうしても相手の反応に対し柔軟性がなくなります。その結果、応答がぎくしゃくしたロープレになってしまいます。試験官がその点を見逃すわけはありません。そうなるとキャリ協でいう「態度」の評価が下がって合格できなくなります。

(参考)実務経験者資格で受験した場合
JCDAのロープレは経験しないと難易度が高い

ここで興味深いデータを共有したいと思います。下表を見て頂くと分かりますが、実務経験者枠での受験者の合格率がキャリ協とJCDAで大きく異なっています。先日行われた23回試験でもキャリ協の合格率が54.5%なのに対しJCDAは43.1%と13%も差があります。22回も15%の差がついています。

なぜ、そのような差になるのかですが、養成講座修了者では差が殆どないことから、難易度でjはないと考えられます。おそらくはJCDAの(1)主訴・問題の把握 (2)具体的展開 (3)傾聴という評価基準が、実際に養成講座でJCDA流のロープレに慣れていないと難しいのではないかと考えています。真偽のところは分かりませんが、実際ここまで合格率が違うということは、実務経験者枠で受験される方は今回はJCDAでダメだったら次回はキャリ協で受験する、という対策も検討した方が良いかもしれません。

まとめ

以上3つの代表的な「落ちる人」を紹介してきました。どれも指摘されれば「そうだよね」と思うことばかりだったと思います。

私が一番重視しているのはキャリコンスキルの表現です。キャリコンスキルをしっかり使えていれば、それほど変なロープレにはならないでしょう。ところがキャリコンスキルを意識しないでひたすらロープレを繰り返した受験生は、そもそも何がキャリコンスキルかを分かってないし、どのタイミングでそのスキルを使えば良いかの練習はやっていないでしょう。

実技試験の合格ラインは60%です。それは決して高い水準ではありません。しっかりキャリコンスキルを使ってロープレを行えばその水準をクリアできないことはありません。

面接試験対策については一部をガイドとして公開していますので、どう対策したら良いかと悩んでいる方は是非一読下さい。決して高い壁ではありませんので次回の合格に向けて正しい対策をおこなって必ず合格しましょう。

「キャリコンになる!」の夢ロープレ研究室チャンネルでは、キャリコン試験対策に関する無料コンテンツを提供しています

【1】<無料>学習用メルマガ「夢ロープレ研究室情報発信メルマガ」


日々のすき間時間でキャリコン試験の学科試験・実技試験の学習をしたい方に適しています。学科試験は過去問を参考にしたオリジナル問題を使って、知識の確認と関連知識の取得を行います。特に理論が苦手な方に向いています。

【2】Instagram「夢ロープレ研究室」アカウント

主にロープレについての情報を提供しています。メルマガの記事も順次投稿を行っていきますので、文字でじっくりとロープレノウハウを学びたい方はこちらをフォローしてください。動画はYouTubeを中心に配信しています。 無料のロープレセミナーはインスタライブの機能を使って行います。 キャリコン受験に関する無料相談はインスタのDMから気軽にお申込みください。

【3】夢ロープレ研究室LINE公式アカウント

養成講座を受講せずにキャリコン試験を受ける実務経験者の方、ロープレ試験対策を徹底的に行って確実に合格したい方は公式アカウントに登録をお願します。

公式アカウントではYouTubeやインスタでは紹介しない情報提供と、ロープレの無料カウンセリングのお申込み受付をおこないます。また、「ロープレ特訓」受講及び「ロープレ勉強会」の参加は公式アカウント登録者に限らせて頂いています

【限定無料特典】
➀小冊子「キャリアコンサルタント試験の実技試験に落ちる人はどこがまずいのか?」
 この記事に更に重要な情報を加えたスライド共有型小冊子です。
自分のロープレをチェックする時に役に立つ「ロープレチェックシート25項目」
 ロープレ特訓で使っているチェックシートの項目の中から25項目を抜き出したもの


運営会社

ソーニョプランニング株式会社